So-net無料ブログ作成

運転会(デジカメのテスト) [その他]

今回の運転会では、買い替えたコンデジ(CASIO EX-ZR1000)のテスト撮影もしました。

まず試したかったのは「全焦点マクロ」です。マクロ撮影で前後すべてに焦点が合うという、模型の撮影のためにある、といっても良い機能です。フォーカスをずらしながら高速連写をして画像を合成するようです(撮影後に少し時間がかかります)。

まずは通常のマクロ撮影(換算24mm)。接写なので当然フォーカスの合う範囲は狭いです。
KATO-C56-2.jpg

さて、これが全焦点マクロ撮影です(換算24mm)。機関車の手前から車庫の後方、さらに後ろまでフォーカスが来ています。これはすごい!
KATO-C56-1.jpg
これはかなり良い機能ですが、写真を眺めているうちにいくつかの気になる点が出てきました。
・機関車のキャブのところが少しボケているような... 合成アルゴリズムの仕様のせいですかね? ファームアップに期待したいところです。
・この機能は広角端(換算24mm)でしか使えない。なので、かなり遠近感が誇張された写真となります。今回はかなり極端な構図ですが、いわゆる形式写真は撮り難いかもしれません。

通常撮影のD51(KATO新)重連。これは従来通りですね。
KATO-D51.jpg

久々に走らせたC10(KATOのC11にレイルロードのコンバージョンキット)です。これも通常撮影。
C10-2.jpg
C10-1.jpg

こうして見ると、やはり接写はRicoh CX6のほうがきれいに撮れますね。それと手振れ防止があんまり効かないです。シャッターボタンのストロークが硬いのと、撮り方のクセがCX6になっている、というのがあるかな? 体で慣れさせるしかないかも。手振れ防止という点では5軸手振れ防止機能を持つ最新のEX-ZR1100のほうが強力でしょう(まだ高いけど。)

次は動画です。3本まとめて。







動画はCX6よりもきれいです。ただ、どうしても接写での追いかけではオートフォーカスが振らつきますね。まぁ、こんな撮り方はあまり想定されていないと思いますし、やむを得ないかもしれません。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

kirifuri

動画綺麗ですね。
聞きたいことがあります。
動画の載せ方を教えていただけませんか?
よろしくお願いします。
返信待っています。
by kirifuri (2014-03-21 13:53) 

himachan

kirifuri様、コメントに気が付かず遅れて大変申しわけありません。もう解決済みかもしれませんが、動画は一旦YouTubeにアップし、YouTubeで再生後に下のほうに表示される「埋め込みコード」を選択した時に表示されるhtml文を、そのまま本文にコピーペーストしています。または同様に再生後に表示される「この動画を共有」の選択時に表示されるURLをコピーペーストしても良いです.この場合はリンクになるのでYouTubeのページに飛んで再生されるはずです。
by himachan (2014-07-01 23:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。