So-net無料ブログ作成
検索選択

KATOマイテ49(初代)のリストア(その2) [工作記事など]

台車は銀を歯ブラシなどでざっと落として黒(GM10番)で塗り直し、プラ車輪は金属車輪に交換しました。
kato-maite49-12.jpg

塗り重ねられた塗装が荒れているので、耐水ペーパーで水研ぎして整えます。窓枠のところは窓枠の高さちょうどに切り出した板に耐水ペーパーを貼って行います。(ちなみに、塗装はプララッカー用シンナーで落ちることが分かりましたが、シンナー風呂でKATO製車体を溶かした前科がある(^^;)ので、今回は止めました。)
kato-maite49-13.jpg
kato-maite49-14.jpg

なお、車内パーツも茶色く塗られていました(元はクリーム色のはず)。
kato-maite49-15.jpg

そして耐水ペーパーをかけていたら、なんだか妙なことになってきました...

水研ぎしていた車体の削れた塗膜の下からオレンジ色が、...えぇっ、オレンジ色?! さらには白文字みたいなものが...
kato-maite49-16.jpg
kato-maite49-17.jpg

さらに、さらに、目立たないところでモールドまで削ってみたら、オレンジ色の塗膜の下には緑色が... 何なんでしょう?(表層の茶→オレンジ→緑→黒モールド)
kato-maite49-18.jpg

調べたところ、この色と文字はホビーセンターカトー開店1周年記念品の特別塗装マイテ49のようです。そう言われると、文字は「開店1周年 MAY 1987」と読めます。何と30年前です。しかし、なぜこの製品が茶色になっていたのでしょう? 謎です。

なお、緑色は「青大将」以外には考えられません。つまり開店1周年記念品は青大将に塗り重ねて作られたのでしょう。なぜ...? うーん、やはり「売れ残っていたから」なのかなぁ...
また、青色の開店2周年記念品マイテ49、というのもあったようです。

← その1へ )( → その3へ
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

鳩1号

はじめまして、いつも拝見させて頂いてます。
もしかしたらご存知かと思いますが、車のガソリンタンクの水抜き剤を使うとプラスチックを傷めずに塗装を剥がす事が出来ますよ。
ネットで調べれば作例が出てくると思います。
ご参考までに。
by 鳩1号 (2016-12-18 20:47) 

himachan

鳩1号様
コメントありがとうございます。水抜き剤は存じております。これまで塗装をはがして塗り直すということをほとんどしなかった(過去2回くらいだったでしょうか)ので、使っていないのでした。
by himachan (2016-12-18 22:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。