So-net無料ブログ作成

河合商会の古典タイプ客車に車間短縮ナックルカプラーをつける [客車]

かなり前に購入した河合商会の古典タイプ客車(2120とセットになったやつ)のカプラーをKATOの車間短縮ナックルカプラーに交換しました。元々アーノルトをKATOカプラーNに交換していたのですが、あまり車間が縮まらなかったので、さらに交換しました。

こんなやつです。発売は1997年ごろ。もう20年も前なのですねぇ(遠い眼)。車高下げ加工もしています。

nackle1.jpg

カプラー交換自体は何ということはありません。カプラーポケットを外して交換するだけです。
nackle2.jpg
nackle3.jpg
nackle4.jpg

結果として4mmくらい縮まったようです。
nackle5.jpg
nackle6.jpg

nackle7.jpg

良い感じにはなりましたが、牽引機問題が再燃してしまいました。セットの2120はやはり合わない(それに経年で走行の調子が悪くなってきた)ので、今となってはアメリカ型の流れを汲む8100が良いのかなぁ。しかしワールド工芸のキットをまだ組んでいません。マイクロエースの弁慶号(7100)でも良いかもしれませんね。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。