So-net無料ブログ作成
検索選択

KATO スハネ30(音戸セット) [客車]

KATOの音戸セットから、スハネ30です。

これも、まさかKATOから出るとは思いませんでした。マイクロエースから出ていたのが割りと良く出来ていたので(ん?)。
suhane30kato-1.jpg
suhane30kato-2.jpg

タバサのコンバージョンキット組み立て品と比較してみました(手前:KATO)。まぁ、出来や色はともかく、大きな違いはありません。
suhane30kato-3.jpg
suhane30kato-4.jpg

こっそりマイクロエースのスハネ30(茶色:彗星増結セット)も混ぜてみました。窓周りやレタリングがちょっと太いですが、この距離、写真サイズだとあまり変わらないですね。
suhane30kato-5.jpg

KATO ナハネフ10(音戸セット) [客車]

KATOの「音戸」セットから、ナハネフ10です。

ちなみに、ナハネフ10はナハネ10を緩急車に改造した車輛で、さらに冷房化されてオハネフ12になりました。さらにちなみに、オハネ12はナハネ11を冷房化した車輛で、ナハネフ11を冷房化した車輛がオハネフ13です。

なんといってもドアが銀色の折り戸タイプになっているのが眼を引きます。後年は普通のドアになっているので、そのタイプも出るかもしれませんね。
nahanefu10kato-1.jpg
nahanefu10kato-2.jpg

冷房化したオハネフ12(向こう側)との比較です。屋根上の他、トイレ窓が違います。
nahanefu10kato-3.jpg

床下もオハネ17/スハネ16と同様の違いのようです(手前:ナハネフ10)。
nahanefu10kato-4.jpg

KATO マロネ41(音戸セット) [客車]

KATOの「音戸」セットから、マロネ41です。

オロネ10の祖先形といったところでしょうか。こんな車種まで出すとは、KATOはやる気満々ですね。次はぜひマロネ40もお願いしたいところです(^^)。
marone41kato-1.jpg
marone41kato-2.jpg

手元にあったレイルロードのコンバージョンキット組み立てのマロネ41(向こう側)と比べてみました。ただし、こちらはHゴム窓化された20番台です。ここで気が付きましたが、台車が空気バネ化されたTR40Dになっています! これはASSYで欲しい!(20番台にも付けたい。今は適当に改造したTR40Dなので)
marone41kato-3.jpg
marone41kato-6.jpg

屋根上の点検蓋は、KATO(手前)のはリベット付きで細密です。レイルロードのはプラ板を貼っただけです(^^;;)。
marone41kato-4.jpg

床下も若干違いますが、番台のせいかどうかは分かりません...
marone41kato-5.jpg

KATO オハネ17(音戸セット) [客車]

KATOの「音戸」セットから、まずはオハネ17です。

形態的にはスハネ16の冷房化前(原形)になります。
ohane17kato-1.jpg
ohane17kato-2.jpg

ということで、同じKATOのスハネ16との比較です。屋根上の違いのほか、デッキ隣の通路側の窓の有無が違います(スハネ16には窓が無い)。
ohane17kato-3.jpg

床下も冷房用ディーゼル発電機の有無などが違います(手前:オハネ17、向こう:スハネ16)。なお、比較の写真は撮っていませんが、マイクロエースのオハネ17(彗星増結セット)の床下にはディーゼル発電機がありました(^^;;)。
ohane17kato-4.jpg

KATO マイテ49 junk [客車]

もの凄く久しぶりにJNMAに行ってきました。戦利品はこれ、KATOマイテ49(たぶん初期ロット)のjunkです。青大将はデッキが破損していますが、修理すればいけそう。茶色はグリーンマーク入りなので、一時的に出た「やまぐち号(マイテ49付き)セット」の一部かと思いましたが、袋から出してみたら、塗り替えられて白帯もテープ貼りになってたので違うようです(台車も色入れや車輪が交換されていました)。でもまぁ、マイテ49が2両も入手できたので良かったでした。
なお、タキ50000(junk)は3軸ボギーつながり(なんだそりゃ)で衝動買いしました。
maite-jnma.jpg

茶色はそのまま修復して茶「はと」に、青大将は冷房化して青大将「つばめ」にしましょうかね。しかし、冷房化後の屋根と床下機器をどうしたものか... Web上の資料とかを漁り回るか、KATOのマイテ58(青大将)に準じてしまうか... うーむ。

KATO C62 山陽形(呉線) [機関車]

続々と(?)出るKATOのC62、今回は山陽形(呉線)という、ちょいと限定的なバリエーションです。"呉線"というからには"山陽本線"も出るんでしょうかね?

c62katos-1.jpg

前面部。ちょっと見難いですが、標識灯がエンドビーム埋め込みタイプになっています。ナンバーは適当に一番若い番号(25番)にしました。相変わらず重連カプラーに交換しています。
c62katos-3.jpg

真横から。この位置からだと重連カプラーも目立ちません。
c62katos-4.jpg

公式側の前面です。
c62katos-5.jpg

砂撒き管はボイラーカバーの表面を這うタイプです。前回出た北海道形と同じかな。
c62katos-6.jpg

キャブ周辺〜炭水車前部。格好いいです。
c62katos-7.jpg

テンダー周辺。ATS車上子が細密です。こうなったのはC59からでしたかね。
c62katos-8.jpg

テンダー後部。特にコメントはありません(良い意味で)。
c62katos-9.jpg

テンダーのカプラーはナックルに交換しました。高さはぴったりです。それにしても、なぜ機種毎に高さが変わるのか、謎です。
c62katos10.jpg

一応「山陽形」ですから「初期あさかぜ」も引かせてみたい気はします。でもいずれ「山陽本線」仕様が出そうな気がします(笑)。
c62katos-2.jpg


(「常磐線」仕様も出そうだなぁ...)

メッセージを送る