So-net無料ブログ作成

KATO ワ12000、タム500、トラ55000 [貨車]

KATOの小型2軸貨車群です。

ワ12000です。小さくてカワイイ(^^)。
wa12000-1.jpg

カプラーは「実験的に」車間短縮ナックルカプラーに交換しました(以下同様)。
連結状態も良好です。
wa12000-2.jpg
wa12000-3.jpg

R140まで走行できる感じです(実際には走らせていません(おぃ))。
wa12000-4.jpg

ワム90000との大きさの違いです(ワム80000と比べれば良かったかも)。
wa12wamu90.jpg

では、他社との比較を。左:ワールド工芸(動力を抜いてトレーラー化)、右:KATOです。
両者ほぼ同じ大きさです。側板は心持ちワールド工芸のほうが低い、かな?(レタリングの位置が違うのは突っ込まないで下さい(^^;;))
wa12katoworld0.jpg
wa12katoworld.jpg

次はタム500です。特にコメントはありませんが(良い意味で)、今後会社違いバージョンが出そうですね。
特に比較はありません。車長が長いので、曲線通過はR177までっぽいです。
tamu500.jpg

最後にトラ55000です(積荷カバーを取った状態)。これも同様に特にコメント無しです。曲線通過はタム500と同じくR177までっぽいです。
tora55000.jpg

おまけで、以前に発売されたKATOトラ45000(右)に積荷カバーを付けてみました。両者の実車寸法はトラ55000のほうが微妙に大きいのですが、模型では同じ大きさかもしれません(ちゃんと測ってはいませんが)。ただ、カバーのはみ出し量がトラ45000のほうが多い気もします。
tora55+45.jpg

KATOセキ3000+河合商会セキ6000 [貨車]

セキ3000の10両ケースを詰め込めるだけ詰め込みました(^^;)。
中仕切りのウレタンを上下に切り詰め、さらに6両分(河合商会のセキ6000)を収容できるようにしました(6両分の空間はもう少し中仕切りを追加する予定です)。これでセットの10両+これまで持っていた4両+河合商会の6両=20両を1ケースに収容することが出来ました。これ以上増えたら? サードパーティーの貨車用を使いますかね...
seki-6.jpg

KATO セキ3000(10両セット) [貨車]

D51北海道形といっしょにセキ3000(10両セット)も引き取ってきました。とりあえず別付けのハンドルを付けただけです。ん、10両より多い? 実は以前に買ったやつ(4両)も並べてあります。ケースがかなりゆったりした収納配置なので、もっと詰め込めるようにしたいところです(カワイのセキ6000も6両あるのです)。
seki3000.jpg

あとは連結面間を短縮したいのですが、短縮用ナックルカプラーは品切れ中(セキ3000といっしょに再生産してくれれば良いのになぁ)。一応各種カプラーを試してみたのですが、CSナックルカプラー(改造して取り付け)はカプラー高さが低くなり過ぎる、かもめ用ナックルカプラーはそれほど連結面間が縮まらない(なんとカトーカプラーNよりも僅かに広い...)、と一長一短があります。大人しく短縮用ナックルカプラーの発売を待つか、かもめ用ナックルカプラーを加工するか、カトーカプラーNで済ませるか.... うーむ。

KATOツム1000 [貨車]

KATOのツム1000をお店から引き取ってきました。

tumu1000-1.jpg
ちょっとフォーカスが甘くてすみません。比較の写真は撮っていませんが、KATOのワム90000と幅、屋根高さは同じ、長さは2mm弱長いです。ということは縮尺としては1/150より大きい?!

tumu1000-2.jpg
ドアを開けたところ。積み荷の前の木組み部分もそれらしく表現されています。色入れしてやると良いかもしれませんが、ちょっと面倒くさそう。

tumu1000-3.jpg
分解してみました。なんと積み荷はドアから見えるところだけモールドされていました。さらに、分解するとドアが取れてしまいます。

tumu1000-4.jpg
C56に牽かせてあげたいのですが、まだ発売されていないので、とりあえずDD16(マイクロエース)に牽かせてみました。

キングスホビー ワサフ8000の組立て その2 [貨車]

元記事の日付[2009年10月12日(月)]

wasafu8000-3.jpg
こちらも塗装が終わりました。なかなかデリケートな構造でしたが、注意深く組立ててみるとキッチリ形になります。ディテールも適度にあります(ワールド工芸はあっさりしています)。とはいえ、床板がハメコミ式になっていたりして、取り扱いには気を使います。それに、このキットもテールランプを組み込むと分解ができそうにないので、悩みます。
なお、キングスホビーのはKATOのスユ44等と寸法を合わせているので、連結してみると写真のとおり編成としての形が整っています。スニ41もワサフ 8000も全長以外は基本的寸法は同じなので、キングスホビーとワールド工芸の設計思想の違いが良く分かります。さて、KATOのスニ41は??

−− 1つ前を見る −−  −− 続きを見る −−

キングスホビー ワサフ8000の組立て その1 [貨車]

元記事の日付[2009年9月23日(水)]

wasafu8000-1.jpg
引き続き、今度はキングスホビーのワサフ8000のを組立て始めました(塗装はスニ41と合わせて行なう予定です)。こちらはなかなか凝った構成で、薄い側板の中から他の部品を切り出すなど、普通にやると側板がベコベコになりそうで、ちょっと悩みのタネです。

wasafu8000-2.jpg
車体が大体組み上がりました。このキットではもともと側板扉は塗装後に取り付けるようになっています。しかし、そのためか側板から部品を取った(結局、アルミ板の上で、研いだ精密ドライバーの先端で押し切りました)後はこのとおりスカスカです。上下にドアレールを全長に渡ってハンダ付けしてありますが、歪みやすいことには変わりありません。塗装前の洗浄などは、やり難そうです。

−− 続きを見る −−

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。