So-net無料ブログ作成

KATO キハ58系(その5:カプラー問題) [気動車]

キハ58系も含め、一般形の気動車は色々混結させたいものですが、今回のKATOキハ58系は前回リニューアルしたキハ82と同じく新型の密着自動連結器を装備しており、形態は小さく実感的になったものの、他のカプラーとの互換性はないようです。その辺り確かめてみました。

試したのは、KATOカプラーN、KATOナックルカプラー、KATO車間短縮カプラー、TOMIX TNカプラー(密着自連)です。

このうち、KATOカプラーNとKATO車間短縮カプラーは連結できませんでした。KATOナックルカプラーはなんとか連結できましたが、ナックルカプラーの首振りがうまくいかず、カーブ(280R)であえなく脱線しました。
kiha58kato-23.jpg

残るはTOMIX TNカプラー(密着自連)で、これもなんとか連結できました。ただ、ちょっとTNカプラーに負担がかかっている感じがします。カーブ(280R、Sカーブも含む)も通過できます(写真は右側がTOMIXキハ55系、左がKATOキハ58系)。
kiha58kato-24.jpg

ただ、車種によってはTNカプラーの首振りが引っかかり、カーブで車端の接触、食い違いが起きて脱線します。連結時の状態や首振りの調整で解消する場合もありますが、完全に問題なく連結・走行できるというわけにはいかないかもしれません。
kiha58kato-25.jpg

とは言いつつ、現状ではTOMIXの気動車群との混結はできそうなので、これでも良いのかなというところです。KATOの気動車(KATOカプラーN装備車)はどうしましょうか。このカプラーと交換するのも数が多くて大変だし.... 悩むところです。

一方で、キハ58系用のアーノルト/ナックルカプラーセットが発売されるようなので、アダプター車輌を決めて置けば混結は可能になりますね。もちろん、キハ58系のカプラーを全部交換するという手もありますが、これでは本末転倒になっちゃいます(^^;)。

nice!(0)  コメント(0) 

KATO キハ58系(その4:比べてみる) [気動車]

各社のキハ58系と比べてみました。と言っても、KATO旧キハ58系とTOMIXキハ58系ですが。TOMIXの初代キハ58系(おそらく1978、9年ごろの発売)もあるのですが、どこにしまい込んだか行方不明なのと、流石に今のレベルでは比較も厳しいので省略しました。また、比較は主に先頭部分だけです。

まずはKATO旧製品(左)との比較です。旧製品は前面窓の高さが低く、少し印象が異なっていました。今回の新製品ではそこが改良されているので、ほぼ実車の印象通りとなっていると思います。また、旧製品の方が黄色味が強い? 経年変化かもしれませんが。
kiha58kato-17.jpg

次はTOMIX(左)との比較です。TOMIXは初代製品です。特に大きな違いは見られません。TOMIXの方が前面窓のHゴムが細く、実車に近いかな。幌枠の有無で顔の印象も少し違いますね(どっちが良い悪いではなく)。色はTOMIXの方がクリーム色が薄い(明るい)感じです。(これは他の気動車シリーズでも同じ傾向があります。)
kiha58kato-18.jpg

同じくTOMIXとキハ65の比較です。どちらも甲乙付け難い。スカートの形状が異なっています。なお、胴受け付きでもTOMIXのキハ58系はカプラーが首を振ります。この辺りはTOMIXに分がありますね。
kiha58kato-19.jpg

キロ28の比較。TOMIXのは持ってなかったのでKATO旧製品(左)と。KATO旧製品では屋根にベンチレータがあります。番台違いかな。
kiha58kato-20.jpg

正面から、キハ58/28とキハ65の比較です(左:TOMIX、右:KATO)。どちらも良い感じです。TOMIXにはスノープラウを付けてます。KATOにはスノープラウのパーツは今のところありません(そのうち出るかな?)。
kiha58kato-21.jpg
kiha58kato-22.jpg

こうして見ると、TOMIXのほうが胴受け付きでカプラー首振り可能、スノープラウ取り付け可、Hゴムの表現などで全体の完成度は良いようです。一方、コスパは若干KATOのほうが良い(安い)といったところでしょうか。

あと、気動車は色々混結させたいのですが、このキハ58系は新型の密着自動連結器を装備しており、形態は小さく実感的になったものの、他のカプラーとの互換性は無いようです。その辺りは別項で検討します。

nice!(0)  コメント(0) 

KATO キハ58系(その3:胴受けを付けてもカプラーが首振りできるようにする) [気動車]

さて、せっかく見栄えの良い胴受けなので、なんとか中間用車にも付けてあげたい、ということで、胴受けを付けてもカプラーが首振りできるようにしました。

まずは胴受けのカプラー固定に係る部分などをカットします。
(カット前)
kiha58kato-04.jpg
(カット後:向きが逆だけど)
kiha58kato-09.jpg

これを胴受けを付ける要領で、合成ゴム系接着剤でカプラーに接着してしまうのです。これで胴受けがカプラーと一緒に首振りするようになります。普通に見ただけでは違いは分かりません。
kiha58kato-10.jpg

しかし、カーブ内側から見る分には分かりませんが、カーブ外側から見ると当然ながらご覧の通りとなります(^^;)。まぁ、KATOの初代EF65/EF70の首振りスカートと同じ理屈です(^^;;)。
kiha58kato-11.jpg
また、カーブの時にジャンパ線が胴受けと干渉するので、ジャンパ線が付いてるキハ58(動力付)には胴受けを付けていません。

なお、このやり方はKATOクモニ13で採用した方法です。

nice!(0)  コメント(0) 

KATO キハ58系(その2:各車インプレ) [気動車]

それでは、各形式をそれぞれ見てみましょう(順不同)。

キハ28。1エンジン車。いい感じです(以下同文)。番台、年代等のプロトタイプには詳しくないのでWebにお任せします(以下同文^2)。
kiha58kato-12.jpg

キハ58。2エンジン車。床下機器が詰まっています。
kiha58kato-13.jpg

キハ58(動力付き)。モーターカバーがあるため、床下機器はレリーフ状です。隙間部分を黒っぽく塗るという手もありますが、他形式ではやっていないので多分このままでしょう(おぃ)。
kiha58kato-14.jpg
それより、この動力でキハ28を動力化できないかな.... レリーフ状の床下機器を配置し直せばなんとか出来そうだけれど、隙間の処理とか、そもそもキハ28の車体が上手くハマるかとか、色々問題はありそうです。

キロ28。グリーン帯入りです。晩年は帯がなくなってしまいましたが、やはりグリーン車には帯が欲しいですね。
kiha58kato-15.jpg

キハ65。大馬力1エンジン車。実車を見たことは何回かあるものの、乗った記憶がありません。指定席に使われることが多かったからでしょうか。
kiha58kato-16.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

KATO キハ58系(その1:開封の儀?) [気動車]

完全新規と銘打ったKATOのキハ58系が発売されたので、早速一揃い買ってきました!

kiha58kato-01.jpg

開封し、まずは付属品を取り付けます。
付属品は(左から)幌枠、白地の方向幕、ジャンパ栓/線類、胴受けです。
kiha58kato-02.jpg

ジャンパ栓は小さくて取り付けるのが面倒ですが、頑張って付けました。
kiha58kato-03.jpg

胴受けは先頭車専用で、取り付けるとカプラーの首振りができなくなってしまいます。様子見で取り敢えず1両に付けてみました。やはり付けると見栄えが違いますね。
kiha58kato-04.jpg
kiha58kato-05.jpg

なお、キハ65は基本的に先頭車とするので胴受けを付けました。また、スカートがあるからか、キハ65だけ胴受けの形状が微妙に違いました(品番も違う)。
kiha58kato-06.jpg

ジャンパ線も1両にフル装備してみましたが、ちょっとうるさい感じです(実物はもっと細いし)。黒く塗っちゃいましょうかね。
kiha58kato-07.jpg

-----------
2018.4.15 追加
ジャンパ線付きの車輌を中間車にすると、243RのSカーブでカプラーがジャンパ線に引っ掛かって脱線しました。急曲線を通す場合はジャンパ線も先頭車限定の方が無難です。
-----------

キロ28は付属品がないので、そのままです。
kiha58kato-08.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

キハ181(KATOとTOMIX) [気動車]

KATOのキハ181系(基本セット)を買ってきました!
というわけで、早速TOMIXのキハ181(たぶん初代)と並べてみました。

正面から(左:TOMIX、右:KATO)
katomix-kiha181-1.jpg
ぱっと見て、印象的にはあまり大きな違いは無いように見えます。TOMIXの発売時期を考えると、DD54と同様にかなりのものですね。細かく見ると、窓の大きさやテールランプ、スカート周りが違います。また、KATOのほうがサスペンション機構のせいか車高が高いです(上から押し付けると同じ高さになります)。

斜め前から(左:KATO、右:TOMIX)
katomix-kiha181-2.jpg
このくらいの距離になると、両者の違いは分かりにくくなります。テールランプ部のハメ込み部分が区別点になりますね。

台車まわり(左:TOMIX、右:KATO)
katomix-kiha181-3.jpg
大きな?違いは台車です。実物写真を見て回ったところ、TOMIXのはキハ65の台車に近いです。
[2010.12.23]補足の訂正:TOMIXの台車は初期のタイプ(DT36B)のようです。KATOのはDT40でした。

屋上ラジエター部(左:KATO、右:TOMIX)
katomix-kiha181-4.jpg
まぁ当然というか、KATOのほうが細密にできています。ただそんなに大きな極端な差は無いような気もします。
あと、雨樋の上面がKATOは赤く塗られていて、TOMIXは塗られていません(クリーム色のまま)。

キハ35 900番台(KATO)塗り替え [気動車]

そのうち出るだろうとは思っているものの、待ちきれなくてKATOキハ35-900首都圏色を銀色に塗り替えてしまいました。

kiha35-900.jpg
GMカラースプレー8番の銀色を直接塗りましたが、特に問題はなさそうです。前面の警戒色は、最初にマスキングするのを忘れた(!)ため、銀色を塗った後に一般色の赤(朱色4号:GMカラースプレー31番)を塗りました(マスキングに要らぬ苦労をしてしまいました)。

kiha35-900-2.jpg
ブタ鼻ヘッドライトは、キハ30一般色の1灯式ヘッドライトと交換しました。
前面警戒色については、房総東線(当時の線名)で見た記憶では、もう少し違う色だったような気がしましたが、もはや40年近く昔のことなので正確にはわかりません。

鉄コレ第10弾 [気動車]

元記事の日付[2009年8月22日(土)]

kiha431_1.jpg
2個目で湘南顔の鹿島鉄道キハ431が出ました。なかなか良いですね。早速動力化しました。
ちなみに1個目は北陸鉄道キハ5201でした。写真に撮ろうとしたら、どこかに置き忘れたのか見つかりません(泣)。
→ 2009.9.13 やっと見つけました。

KATOキハ30の修理 その1〜その6 [気動車]

元記事の日付[2009年5月23日(土)]

kato-kiha30-1.jpg
KATOキハ30(M)のジャンク品を安く入手できました。走行に異常はないけどライトが点かない、というものです。自分としては、走る分にはあまり問題がないので、ライトの修理に挑戦してみました。

kato-kiha30-2.jpg
車体を外すと、消灯スイッチの片側が無く、外れた部品が箱の中に落ちていました。試しに残っている片側のスイッチをONにしてみると、その側のライトは付きました。ということで、外れたスイッチ部品を組み込み直せば良さそうです。

kato-kiha30-6.jpg
スイッチの部品を元に戻してみると、どうやら部品を組み込むときに無理な力が加わって、支え部分が折れたようです。けっこう華奢な作りになっていますねぇ。

kato-kiha30-7.jpg
というわけで、折れている側の隙間にプラ片を差し込み、折れて生じた歪みを強引に元に戻しました。

kato-kiha30-8.jpg
組立ててみたところ、見事に点灯しました!
良かった良かった。

kato-kiha30-9.jpg
車体をかぶせたところです。テールライトが少し暗い感じがしますが、この車輛だけの癖なのか、全体的な傾向なのかは不明です。

キハ60製作中 [気動車]

元記事の日付[2007年3月4日(日)]

kiha60-0.jpg
ずいぶん前に買っておいたキハ60のキット(スタジオフィール)を組んでいます。説明書にない小部品があるので、調査中です(タブレットキャッチャーかも)。

(3/15 小部品はやはりタブレットキャッチャーのようです。手持ちの実物写真資料では、タブレットキャッチャーは付いていないので、このまま塗装に入ります。)

---------
元記事の日付[2007年3月21日(水)]

kiha60-1.jpg
塗装が終わりました。あとはサッシなどの色入れをしていきます。
しかし、普段は客車の単色しか塗っていないので、この種の塗り分けは難しいです。マスキングで半日かかったり...

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。