So-net無料ブログ作成

KATOマイテ49(初代)のリストア(補足:テールマークの製作) [工作記事など]

テールマークを作りました。

現在のKATO展望車用「つばめ」のテールマークは、パーツに厚みがあるため薄く削らなければならず(初代はシールを貼る構造)、大変なのでテールマークを印刷して作りました。

パーツを撮影し、パソコンに取り込んでPhotoshop E で修正。Web上で探した実物写真と少し違うので適当に合わせて修正しました。あまり細かく描いても小さくて良くわからないですし(おぃ)。
tubamemark1.jpg

パワーポイントに取り込んで縮小して写真用紙に印刷しました。パーツの直径は4.6mmだったので、4.5、4.6、4.7mmの3種類を用意しました(下3つ)。
tubamemark2.jpg

パーツと比べて見て4.7mm(一番右)を採用しました。
tubamemark3.jpg

切り抜いてハメ込んで完成です。少しカクカクしていますが、試しにハメてみたらピッタリで取れなくなった(なんだそりゃ)ため、これで終了です。肉眼では全く気になりません(^^;;;)。
tubamemark4.jpg

← その4へ

KATOマイテ49(初代)のリストア(その4) [工作記事など]

最後の仕上げです。

白帯はGMのステッカーの白いところを1.1mm幅に切って貼りました。スケールでは1mmですが、好みで少し広くしています。でも写真で見ると1mmでも良かったかなぁ。
レタリングはGMのインレタからマイテ49(元はマイテ49 1)と2の切り貼り、東シナはキングスホビーのインレタから切り貼りました(そのときに、同じインレタに「東シナ(改行) マイテ49 2」そのものを見つけましたが後の祭り...(^^;;))。どちらもかなり昔のインレタでしたが、何とか貼れました。
kato-maite49-26.jpg
kato-maite49-27.jpg

これで完成です。テールマークはKATOの新つばめ/青大将セットにスペアがありましたが、厚みが全然違うのでとりあえず元のままです。スペアを写真に撮って印刷して貼るのが良いかもしれません。

← その3へ )( → 補足へ

KATOマイテ49(初代)のリストア(その3) [工作記事など]

さて、テールマークの位置を直しましたが、少し表面を傷つけてしまいました(涙)。しかし、このつばめマークは実車のとは違いますね。Web上で色々探しましたが、実車写真では同じものはありませんでした。なお、KATOの新つばめセットのテールマークは実車と同じでした。
[追加補足 2016.12.17]
もう少し調べてみたら、これはどうやらテールマークではなく、ヘッドマークのようです。当初は代用していたのですかね。あるいは記念品用のカスタムだったとか...
kato-maite49-19.jpg

室内はクリーム色(GM5番)で軽く再塗装しました。
kato-maite49-20.jpg

ペーパー掛けが終った車体です。マダラになってますが、光に反射させてみると一応平滑になっているようです。(元の表面はそんなに平滑ではない?)
kato-maite49-21.jpg

塗装まで済ませてしまおうかと思いましたが、雨が降っているのでとりあえず屋根(ダークグレー:GM35番)と床下(黒で軽く再塗装)だけ塗りました。
kato-maite49-22.jpg

車体は天気が良い日を選んで塗りました(GM2番)。
kato-maite49-23.jpg

組み立ても完了しました。屋根は外すのは大変だったけど、組み立てるときは簡単にパチンとハマります。展望デッキの納まりがちょっと悪いですが、しょうがありません...
kato-maite49-24.jpg
kato-maite49-25.jpg

あとは白帯とレタリングです。白帯は通常なら帯色(白)を塗って帯部分をマスキングして茶色を塗るというのが一般的なのでしょうが、塗膜を厚くしたくなかったので帯シールを貼ることにしました。レタリングはGMの古いレタシートにマイテ49があったのですが、今手持ちであるかどうか(そして使えるか)、さらに"東シナ"をどうするか、が大問題です。

← その2へ )( → その4へ

KATOマイテ49(初代)のリストア(その2) [工作記事など]

台車は銀を歯ブラシなどでざっと落として黒(GM10番)で塗り直し、プラ車輪は金属車輪に交換しました。
kato-maite49-12.jpg

塗り重ねられた塗装が荒れているので、耐水ペーパーで水研ぎして整えます。窓枠のところは窓枠の高さちょうどに切り出した板に耐水ペーパーを貼って行います。(ちなみに、塗装はプララッカー用シンナーで落ちることが分かりましたが、シンナー風呂でKATO製車体を溶かした前科がある(^^;)ので、今回は止めました。)
kato-maite49-13.jpg
kato-maite49-14.jpg

なお、車内パーツも茶色く塗られていました(元はクリーム色のはず)。
kato-maite49-15.jpg

そして耐水ペーパーをかけていたら、なんだか妙なことになってきました...

水研ぎしていた車体の削れた塗膜の下からオレンジ色が、...えぇっ、オレンジ色?! さらには白文字みたいなものが...
kato-maite49-16.jpg
kato-maite49-17.jpg

さらに、さらに、目立たないところでモールドまで削ってみたら、オレンジ色の塗膜の下には緑色が... 何なんでしょう?(表層の茶→オレンジ→緑→黒モールド)
kato-maite49-18.jpg

調べたところ、この色と文字はホビーセンターカトー開店1周年記念品の特別塗装マイテ49のようです。そう言われると、文字は「開店1周年 MAY 1987」と読めます。何と30年前です。しかし、なぜこの製品が茶色になっていたのでしょう? 謎です。

なお、緑色は「青大将」以外には考えられません。つまり開店1周年記念品は青大将に塗り重ねて作られたのでしょう。なぜ...? うーん、やはり「売れ残っていたから」なのかなぁ...
また、青色の開店2周年記念品マイテ49、というのもあったようです。

← その1へ )( → その3へ

KATOマイテ49(初代)のリストア(その1) [工作記事など]

JNMAで手に入れたマイテ49(茶と青大将)のjunkをリストアします。最初は茶色を素直に復元することにしました。

まずは全体チェック。塗り替えられて(上塗りをした?)白帯、グリーンマークが貼られています。テールマークは「平和」。
kato-maite49-1.jpg
kato-maite49-3.jpg

屋根も銀色になっていて、台車や床下も一部銀が指されています。こういうバージョンで「やまぐち」号が運転されたことがあったのかなぁ。
kato-maite49-2.jpg

屋根の下端は取り外しの際に生じたと思われるデコボコができています。当時のKATOの客車は分解するのが大変でしたからね。
kato-maite49-4.jpg

いよいよ分解です。屋根と側板の間に紙(テレホンカードが良いらしい)を挟んだり、爪でこじったり、妻板から棒を入れて屋根を押し上げたりしているうちに何とか屋根が外れました。
kato-maite49-5.jpg
kato-maite49-6.jpg
kato-maite49-7.jpg

これで最大難関を越え、あとはチャッチャッと進み、分解が終わりました。
kato-maite49-8.jpg
kato0maite49-9.jpg
kato-maite49-11.jpg

「へいわ」のテールマークを外したら、なんと下から「つばめ」が現れました! テールマークをどうしようか悩んでいたので、これは助かりました(^^)。もともと「はと」にしようとしていたのですが、どうしようかな(おぃ)。(しかし、この「つばめ」のテールマーク、回転して着いているみたい... まぁ、直せるとは思うけど)
kato-maite49-10.jpg

→ その2へ

KATO D51標準形 長野式集煙装置付 [機関車]

KATOのD51標準形 長野式集煙装置付 です。集煙装置が付いています。
kato-d51n3.jpg
(なぜか長時間露光では画面の中央部が青くカブるようになりました。受光素子がヘタったかな...)

さっそく重連カプラーに交換... しようとしたら、やっぱり排障器を外さないと駄目でした(そういえば前のD51もそうでした。説明書には書いてなかったけど)。
kato-d51n1.jpg
加工して排障器を付けようかな(記事はこちら)。
なお、重連カプラーを付けるとスノープラウが付きませんがD51東北形や北海道形のスノープラウ付き重連カプラーを使う手がありますね。

後部もナックルに交換。少し位置が高いけど、まぁいいか。
kato-d51n2.jpg

出来は変わりなく良いです。フライホイールも良く効きます。いつも通り番号は適当です。
kato-d51n5.jpg
テンダーの石炭が二山の山盛りです。
kato-d51n6.jpg

特に変更点は調べていません(^^;;;)。
kato-d51n7.jpg
kato-d51n8.jpg
kato-d51n9.jpg

長工式デフ付きも欲しいところですが、出るかな?
kato-d51n4.jpg

KATO スハネ30(音戸セット) [客車]

KATOの音戸セットから、スハネ30です。

これも、まさかKATOから出るとは思いませんでした。マイクロエースから出ていたのが割りと良く出来ていたので(ん?)。
suhane30kato-1.jpg
suhane30kato-2.jpg

タバサのコンバージョンキット組み立て品と比較してみました(手前:KATO)。まぁ、出来や色はともかく、大きな違いはありません。
suhane30kato-3.jpg
suhane30kato-4.jpg

こっそりマイクロエースのスハネ30(茶色:彗星増結セット)も混ぜてみました。窓周りやレタリングがちょっと太いですが、この距離、写真サイズだとあまり変わらないですね。
suhane30kato-5.jpg

KATO ナハネフ10(音戸セット) [客車]

KATOの「音戸」セットから、ナハネフ10です。

ちなみに、ナハネフ10はナハネ10を緩急車に改造した車輛で、さらに冷房化されてオハネフ12になりました。さらにちなみに、オハネ12はナハネ11を冷房化した車輛で、ナハネフ11を冷房化した車輛がオハネフ13です。

なんといってもドアが銀色の折り戸タイプになっているのが眼を引きます。後年は普通のドアになっているので、そのタイプも出るかもしれませんね。
nahanefu10kato-1.jpg
nahanefu10kato-2.jpg

冷房化したオハネフ12(向こう側)との比較です。屋根上の他、トイレ窓が違います。
nahanefu10kato-3.jpg

床下もオハネ17/スハネ16と同様の違いのようです(手前:ナハネフ10)。
nahanefu10kato-4.jpg

KATO マロネ41(音戸セット) [客車]

KATOの「音戸」セットから、マロネ41です。

オロネ10の祖先形といったところでしょうか。こんな車種まで出すとは、KATOはやる気満々ですね。次はぜひマロネ40もお願いしたいところです(^^)。
marone41kato-1.jpg
marone41kato-2.jpg

手元にあったレイルロードのコンバージョンキット組み立てのマロネ41(向こう側)と比べてみました。ただし、こちらはHゴム窓化された20番台です。ここで気が付きましたが、台車が空気バネ化されたTR40Dになっています! これはASSYで欲しい!(20番台にも付けたい。今は適当に改造したTR40Dなので)
marone41kato-3.jpg
marone41kato-6.jpg

屋根上の点検蓋は、KATO(手前)のはリベット付きで細密です。レイルロードのはプラ板を貼っただけです(^^;;)。
marone41kato-4.jpg

床下も若干違いますが、番台のせいかどうかは分かりません...
marone41kato-5.jpg

KATO オハネ17(音戸セット) [客車]

KATOの「音戸」セットから、まずはオハネ17です。

形態的にはスハネ16の冷房化前(原形)になります。
ohane17kato-1.jpg
ohane17kato-2.jpg

ということで、同じKATOのスハネ16との比較です。屋根上の違いのほか、デッキ隣の通路側の窓の有無が違います(スハネ16には窓が無い)。
ohane17kato-3.jpg

床下も冷房用ディーゼル発電機の有無などが違います(手前:オハネ17、向こう:スハネ16)。なお、比較の写真は撮っていませんが、マイクロエースのオハネ17(彗星増結セット)の床下にはディーゼル発電機がありました(^^;;)。
ohane17kato-4.jpg

KATO マイテ49 junk [客車]

もの凄く久しぶりにJNMAに行ってきました。戦利品はこれ、KATOマイテ49(たぶん初期ロット)のjunkです。青大将はデッキが破損していますが、修理すればいけそう。茶色はグリーンマーク入りなので、一時的に出た「やまぐち号(マイテ49付き)セット」の一部かと思いましたが、袋から出してみたら、塗り替えられて白帯もテープ貼りになってたので違うようです(台車も色入れや車輪が交換されていました)。でもまぁ、マイテ49が2両も入手できたので良かったでした。
なお、タキ50000(junk)は3軸ボギーつながり(なんだそりゃ)で衝動買いしました。
maite-jnma.jpg

茶色はそのまま修復して茶「はと」に、青大将は冷房化して青大将「つばめ」にしましょうかね。しかし、冷房化後の屋根と床下機器をどうしたものか... Web上の資料とかを漁り回るか、KATOのマイテ58(青大将)に準じてしまうか... うーむ。

KATO C62 山陽形(呉線) [機関車]

続々と(?)出るKATOのC62、今回は山陽形(呉線)という、ちょいと限定的なバリエーションです。"呉線"というからには"山陽本線"も出るんでしょうかね?

c62katos-1.jpg

前面部。ちょっと見難いですが、標識灯がエンドビーム埋め込みタイプになっています。ナンバーは適当に一番若い番号(25番)にしました。相変わらず重連カプラーに交換しています。
c62katos-3.jpg

真横から。この位置からだと重連カプラーも目立ちません。
c62katos-4.jpg

公式側の前面です。
c62katos-5.jpg

砂撒き管はボイラーカバーの表面を這うタイプです。前回出た北海道形と同じかな。
c62katos-6.jpg

キャブ周辺〜炭水車前部。格好いいです。
c62katos-7.jpg

テンダー周辺。ATS車上子が細密です。こうなったのはC59からでしたかね。
c62katos-8.jpg

テンダー後部。特にコメントはありません(良い意味で)。
c62katos-9.jpg

テンダーのカプラーはナックルに交換しました。高さはぴったりです。それにしても、なぜ機種毎に高さが変わるのか、謎です。
c62katos10.jpg

一応「山陽形」ですから「初期あさかぜ」も引かせてみたい気はします。でもいずれ「山陽本線」仕様が出そうな気がします(笑)。
c62katos-2.jpg


(「常磐線」仕様も出そうだなぁ...)

KATO クモハ11-200、クハ16-0 [電車など]

引き続き、KATO クモハ11-200、クハ16-0セットです。

200番台(クハは0番台)はドア間の窓が2枚×2なのが400番台と違います(400番台は4枚連続)。台車も400番台とは違います(クモハとクハでも違う)。
KATOkumoha11-200-1.jpg
KATOkumoha11-200-2.jpg
KATOkuha16-0-1.jpg
KATOkuha16-0-2.jpg
あと、貫通幌が茶色なのは若干の違和感がありますが、実際も茶色だったのでしょうか?

前面です。貫通扉はありません。ジャンパ栓は400番台と同様に線無しタイプです。
KATOkumoha11-200-3.jpg

あと、クハ16-0は側板の縦リベットが多いです。
KATOkumoha11-200_kuha16-0.jpg

KATO クモハ11-400、クハ16-400 [電車など]

だいぶ遅れましたが、KATOのクモハ11-400、クハ16-400増結セットです。

クモハ11-400。旧国にはこだわりが全くない(良くわからない、とも言う)ので、単純に良い感じです。
KATOkumoha11-400-1.jpg

前面です。ジャンパ栓は線無しタイプにしました(カーブで動受け(可動化しました)がジャンパ線に引っかかるので)。
KATOkumoha11-400-2.jpg

クモハ11-400はGM製(スカ色に塗装)があるので比べてみました。サイズはほぼ同一です。
KATO_GMkumoha11-400-1.jpg

まぁ、線の太さなど、全体的な差はやむを得ませんが、走行性能はGMのもKATOの動力ユニットなので(以前の記事参照)、同じです(^^)。もっとも、KATOのは増結セットなので無動力ですが。
KATO_GMkumoha11-400-2.jpg
KATO_GMkumoha11-400-3.jpg
(うわ、GMの屋根のステップが一つ取れてる!)

クハ16-400はこんな感じ。
KATOkuha16-400.jpg


飯山(長野)に行ってきました。 [実車関係]

飯山へ小旅行してきました。

「はくたか」の車内にて。缶コーヒーの横にあるのはモバイルバッテリーです。良く出来ていて、マニア心をくすぐります(^^;)。
hakutaka.jpg

上越新幹線下り線の高崎駅北方にある160km分岐(ポイント)です。ここから北陸新幹線が分かれます。北陸新幹線の下り列車に乗っているので、分岐の瞬間は見えません。


飯山駅近所に保存されているC56 129。えらく厚塗り塗装で、煙室扉ハンドルがありませんが、以前はかなり痛んでいたようなので、きれいになって良かったですね。
c56129-1.jpg
c56129-2.jpg

キハ110の台車を撮ってみました。
kiha110dt.jpg

変な塗装のキハ110が来た、と思ったら「おいこっと」車でした。
kiha110oikotto.jpg


KATO スユニ61、スハ32 [客車]

KATOの中央本線普通列車セットから、スユニ61とスハ32です。

スユニ61は大雪セットを買ってなかったのでKATO製は初めての入線です。スユニ61は割りと好きな形式です(リトルジャパンのキットが棚の奥に眠っているのをどうしよう...)。欲を言えばTR23付きの100番台を出して欲しかったのですが...
suyuni61-1.jpg
suyuni61-2.jpg

スハ32系はKATOからは初めての発売ですが、既にキットを含め4社から出ている(発売中かは別にして)のでバラエティ(?)が増えました。
なお、この客車セットでは、カプラーを車掌室端はナックルカプラー、それ以外はカトーカプラーN-
JP-A(ジャンパ線付きAタイプ)、マヌ34は車間短縮ナックルカプラーに交換しました。
suha32-1.jpg

さて、今回は比較対象が全部で4社あり、並べるのが大変なので順番に表示しました。この中でGM(グリーンマックス)はなぜか手元にない(キットはあったけど、コンバージョンキットの種車になった模様...)ので、GM以外の3社+KATOで4種です。新しい順に並べました。

今回の、一番新しいKATO製です。
suha32-2kato.jpg

TOMIX製です。室内が青に塗られています。
suha32-3tomix.jpg

MODEMO製です。実際は次の中村精密製の組み立て品ですが、微妙な違いはあります。
suha32-4modemo.jpg

中村精密製です(これのみスハフ32キット組み立て)。
もう30年くらい前の製品です。組み立てたのはもっと後ですが、室内を作ってないのが時代を感じさせます(^^;)。ウインドシルのリベットは1列、ウインドヘッダーはリベット無しです。しかし、それ以外は最新のKATO製と比べてもあまり遜色は無いように見えます。
suha32-5nakamura.jpg

現状ではスハフ32とスユニ61はテールライトが点灯しませんが、余裕ができたら他車種のASSYパーツを使って点灯化させたいところです。

KATO マヌ34 [客車]

KATOの中央本線普通列車セットから、マヌ34です。

こんなのがプラ製で出るとは思いませんでした。でもカニ38が出たときに予想するべきだった(なんだそりゃ)のかもしれません。
炭庫容量が増量された改装後の姿のようです。
manu34-1.jpg
manu34-3.jpg
manu34-2.jpg

カプラーは車間短縮ナックルカプラーを付けました。これでちょうど良いようです(他の客車は車掌室端にナックル、その他はカトーカプラーN)。
manu34-4.jpg

マヌ34は以前にOTT-Nのキットを組んでいたので、それとの比較です(手前:KATO、後ろ:OTT-N)。色が違うのは光の加減で両者の色がかなり違った発色をしたのだと思います(OTT-NはGMぶどう色2号)。安全弁がKATOのは一体整形(たぶん)のため黒いままですが、塗り分けるのはちょっと大変そうですね。
manu34-5.jpg

OTT-N(後ろ)は改装前のタイプで炭庫が小さく、窓配置も少し違います。
manu34-6.jpg

さて、マヌ34が2両になりました。甲府機関区でも再現しますかねぇ。

KATO DF50(茶) [機関車]

KATOのDF50茶です。同時発売の中央線客車列車との関係では、長野県近辺の中央線で客車列車を牽いていたと思われます。

造形的には初代の赤(橙)と変わりはないと思われます。
df50bkato-1.jpg
それにしてもインレタナンバーや手すりなどの取り付けは大変でした。ナンバーは41番にしたのですが、「1」は接着面が少な過ぎてうまく転写できず、とっても手こずりました。ホイッスルはそもそも付属の治具に取り付けるのがうまく行かず、最後はマスキングテープを指先に巻いてつまんで付けました(ふう)。手すりは数個が部屋のどこかへ旅立ちました(^^;)。

ナックルカプラーに交換。こちらは標準の高さでした。それにしても機種ごとにカプラー高さが異なるのは何とかして欲しいものです。
df50bkato-4.jpg

初代の赤色と比べてみました。
目につくところでは屋上の煙道が長い、エアフィルターカバーが田の字、スノープロー付き、といったところでしょうか。
df50bkato-2.jpg
正面の白線の入り方も少し違います(これは色違いだから当然かな)。あと、正面のナンバーの高さが違う... のは貼った自分のせい?!
df50bkato-3.jpg

KATO EF13 [機関車]

KATOのEF13です。このところ、KATOの戦略にハマって(^^;)ますね。

良い出来です。山手貨物線で見た頃の記憶が蘇ってきます。
ef13kato-4.jpg

いつものようにナックルカプラーに交換しました。相変わらず位置が少し高いです。
ef13kato-5.jpg

ナンバーは根拠無しに28番です。
ef13kato-3.jpg
ef13kato-2.jpg
ef13kato-1.jpg

同時発売の中央線鈍行客者セットの牽引機なのでしょうが、客車を牽いている姿は数回しか見たことがないので、冒頭に書いたように黒貨車を沢山繋げて牽かせる方が私的には馴染みがあります。

運転会(ビデオ) [走行風景]

運転会のビデオです。
今回はC59(KATO)の牽く「安芸」編成とC58重連(KATO)の牽く「大雪」編成です。待ち構え撮影ですが、フォーカスを固定し忘れたのでボケてしまいました。どうもコンデジのビデオのオートフォーカスは敏感過ぎますね。





メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。