So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

KATO キハ58系(その4:比べてみる) [気動車]

各社のキハ58系と比べてみました。と言っても、KATO旧キハ58系とTOMIXキハ58系ですが。TOMIXの初代キハ58系(おそらく1978、9年ごろの発売)もあるのですが、どこにしまい込んだか行方不明なのと、流石に今のレベルでは比較も厳しいので省略しました。また、比較は主に先頭部分だけです。

まずはKATO旧製品(左)との比較です。旧製品は前面窓の縦幅が小さく、少し印象が異なっていました。今回の新製品ではそこが改良されているので、ほぼ実車の印象通りとなっていると思います。また、旧製品の方が黄色味が強い? 経年変化かもしれませんが。
kiha58kato-17.jpg

次はTOMIX(左)との比較です。TOMIXは初代製品です。特に大きな違いは見られません。TOMIXの方が前面窓のHゴムが細く、実車に近いかな。幌枠の有無で顔の印象も少し違いますね(どっちが良い悪いではなく)。色はTOMIXの方がクリーム色が薄い(明るい)感じです。(これは他の気動車シリーズでも同じ傾向があります。)
kiha58kato-18.jpg

同じくTOMIXとキハ65の比較です。どちらも甲乙付け難い。スカートの形状が異なっています。なお、胴受け付きでもTOMIXのキハ58系はカプラーが首を振ります。この辺りはTOMIXに分がありますね。
kiha58kato-19.jpg

キロ28の比較。TOMIXのは持ってなかったのでKATO旧製品(左)と。KATO旧製品では屋根にベンチレータがあります。番台違いかな。
kiha58kato-20.jpg

正面から、キハ58/28とキハ65の比較です(左:TOMIX、右:KATO)。どちらも良い感じです。TOMIXにはスノープラウを付けてます。KATOにはスノープラウのパーツは今のところありません(そのうち出るかな?)。
kiha58kato-21.jpg
kiha58kato-22.jpg

こうして見ると、TOMIXのほうが胴受け付きでカプラー首振り可能、スノープラウ取り付け可、Hゴムの表現などで全体の完成度は良いようです。一方、コスパは若干KATOのほうが良い(安い)といったところでしょうか。

あと、気動車は色々混結させたいのですが、このキハ58系は新型の密着自動連結器を装備しており、形態は小さく実感的になったものの、他のカプラーとの互換性は無いようです。その辺りは別項で検討します。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。